1. >>
  2. >>
  3. ペンギン
ペンギン

ペンギン

ペンギンを飼いたい!しかし現実は楽ではない…

ペンギンを飼いたいという人はたくさんいると思いますが、現実的に見て「ペンギンを飼う」ということは非常に大変で、厳しいことだと考えたほうがいいでしょう。
エヴァンゲリオンにでてくる「ミサト」がぺんぺんという名のペンギンを飼っていること、またアニメでもペンギンが出てくるものが非常に多く、それで「可愛い」と思って飼いたいと考える人も増えています。
確かに、動物園などで見るペンギンはとても可愛いですし、「飼ってみたい」と思いますよね。
ペンギンを題材に作られているアニメは非常に多いですし、それに憧れてペンギンを飼いたいと考える人がいるのもわかりますが、やはり自宅でペンギンを飼うというのは非常に難しいことであるのを自覚しなければなりません。
では、ペンギンを飼うのはどうして難しいのでしょうか。

まず価格が非常に高い

ペンギンの価格は70万円を超えることもありますし、高いものだと数百万円から1000万円を超えることも珍しくありません。
とにかく、それだけ高い動物なのです。
当然のことながら、簡単に売っているわけではありませんので「どこで買うのか」も問題になっていますよね。
売っているところを見つけたとしても、それが安全な業者であるとも限りません。
きちんと信用できる業者かどうかを見極めて、飼う必要があるということですね。
予算としては、ペンギンを飼うだけで数百万がかかることをかくごしなければなりません。

飼うための環境も非常にハードルが高い

また、ペンギンを飼うための環境についても非常にハードルが高いものになっています。
大きめのプールが必要なばかりか、淡水ではだめなペンギンの場合はそれを海水にしてあげる必要がありますので、注意をしなければなりません。
このプールを飼うというだけでも大変ですが、ペンギンは魚を食べる動物ですので「魚を確保する」ということも必要になりますよね。この魚代も馬鹿にならず、15万~20万は覚悟しなければならないのです。
それも、ペンギンに食べさせるには鮮度の高い魚を飼う必要がありますので、注意しなければなりません。

他にも、飼うためにはやはり大きなハードルを越えなくてはなりませんので、その難しさを考えなくてはなりません。
ペンギンをかいたいという気持ちは多くの人が持っているものですが、それでも飼う人が少ないということにはそれなりの理由があると考えて下さい。
ペンギンを飼うためには、かなり大きなハードルが必要であり、だからこそ個人で飼う人が非常に少ないのです。