1. >>
  2. >>
  3. コビトカイマン

コビトカイマン

コビトカイマンってなに?

「コビトカイマンってどんな生き物なの?」と思う人がいるかもしれませんが、かんたんに言えば「小さいワニ」のことを言います。
トカゲに似た顔をしていますが、その迫力ある風貌はやっぱり「ワニ」。
小型とはいえやはり迫力ある顔立ちをしているコビトカイマンですが、実は自然でもあまり他の動物を襲ったりしないことで知られているので、家庭でも十分に飼うことができるワニです。
見た目はやっぱりぎょっとする顔立ちをしていますけれどね。
哺乳類を襲って食べることがほとんどないワニだけに、冷凍マウスなどはカロリーが高すぎるそうで、だからこそザリガニなどをまぜたエサを与える必要があるそう。
コビトカイマン、「自宅でワニを飼ってみたい」と考えている人にはおすすめのペットになるでしょう。

実は、意外にワニを飼いたがっている人は多い

興味がない人にはまったく理解できない趣味ですが、実は意外にも「ワニを飼いたい」と考えている人は多いそう。
ワニと言えば大きくて人間が飼うにはどうか…というイメージがありますが、このコビトカイマンであれば小さめですし、「もしかしたら飼えるのでは」と考える人がいても当たり前ですよね。
このワニは室内飼育にとても向いているワニとなりますので、「室内でワニを飼いたい」と考えている人にとって飼いやすいものであることも、人気の一因となっています。
だからこそ、ワニを飼いたいという人がこのコビトカイマンを飼うということが非常に増えているそうです。

しかし、勝手に飼うことはできません

でも、コビトカイマンは「飼いたいから」といって、勝手に飼うことができるペットではありません。
都道府県知事への申請が必要になるペットになりますので、きちんと手続きをして飼う必要があります。
くれぐれも、勝手に飼う事のないように「申請をして飼う」ということを忘れないでくださいね。
これは、飼う時にきちんとペットショップから案内がくるはずなので、きちんとそのことを踏まえて飼うことができるようにしたいですね。
大人しいほうであるとはいえ、やはりワニであることに変わりはありませんので、人に迷惑をかけないようにきちんと飼うことを心がけていきたいものです。

また、自宅で飼う場合も家族ときちんと相談のうえ「人に迷惑をかけないように飼う」ということを心がけていきたいもの。家族の中に1人でもワニに抵抗がある人がいる場合は、飼うのを断念されることをオススメします。