1. >>
  2. >>
  3. 捨てられた犬や猫たちをペット募金で救おう

捨てられた犬や猫たちをペット募金で救おう

保健所にいる動物を助けるためにできる事

日本では年間で8万頭以上の犬や猫などの動物が殺処分されています。
これはテレビなどでも取り上げられる事が多い問題ですから、知っている人も多いのではないでしょうか。
動物が好きという人にとってこういった殺処分されてしまう動物の話はあまり気分が良いものではありませんが、だからといって普通のご家庭で何万頭もの犬や猫を保護する事はできません。

しかしそれでも殺処分される動物を減らすために何かをしたいと考えているならば、捨てられた犬や猫の保護をしている団体へのペット募金をしてみてはどうでしょうか。
募金ですから自分の意思でする、しないを決められますし、どのくらいの金額かも個人の自由となっています。
殺処分される動物を減らしたいが自分では難しいという人は、こういった方法での援助を考えてみると良いでしょう。

ネット募金を利用すると募金がしやすくなる

ペット募金をしたいと考えていても、近くにそういった活動をしている団体が無いという人も少なくありません。
そういった時にはネット募金という手段を利用すると、自分が住んでいる地域にそういった団体が無いという方であっても動物の保護をしている団体に募金する事ができます。
ネット募金は名前の通りインターネットを通して募金をするというシステムで、自分で金額を決められる場合もありますが、ほとんどの場合は月にいくら募金するかという月額制での募金という形になっています。

月額で100円程度から始める事ができる募金も多いですから、いきなり高い金額を募金するのは不安があるという方はもちろん、あまり高い金額を月ごとに募金するのは負担が大きいという人にとっても気軽に募金をする事ができて便利です。
なにより月額となっているため募金をしたかどうかを考えなくても、翌月になれば自動的に募金される事になっているので非常に便利です。

そしてネット募金をする時には、ネット募金ができるサイトを利用すると良いでしょう。
例えばyahooネット募金にも、動物の保護を目的とした団体へのネット募金がありますから、こういったサイトを利用して募金する団体を探すようにすれば余計な手間がかかりません。
これ以外にもネット募金サイトは多くありますので、その中から募金したいと思える団体を探してみてはどうでしょうか。

ネット募金の注意点

ネット募金をする時には、いくつか注意すべきポイントがあります。まず最初に注意したいのは、活動内容や募金の使い道が明記されているかどうかです。
きちんと活動しているかどうか、募金がどう使われるのかが不透明な団体への募金は不安がありますので、あまりおすすめできません。

もうひとつはネット募金をする時に、一度だけにするのか今後も続けていくのかを考えるというものです。
ネット募金サイトでは月額でしか募金できないサイトもありますから、もし一度だけ募金したいという場合は募金方法の確認も重要となってくるでしょう。