1. >>
  2. >>
  3. 増え続けているペットの迷子問題

増え続けているペットの迷子問題

ペットが迷子になった時を考える

ペットを飼っている人の中で、特に犬を飼っているという人はペットが迷子になった経験があるのではないでしょうか。
出かけて帰ってきたら犬がどこかに行ってしまっていた、散歩の最中にリードを離してしまい犬がどこかに行ってしまったという事をあり得ないと油断していてはいけません。

ペットにはもちろん自分の意思があり、こちらの思い通りにしてくれない可能性も大いにありますから、迷子にならないと根拠なく思うのではなく、もし迷子になってしまっても大丈夫なようにしっかりと対策をしておきましょう。
ペットが迷子になってしまうと、事故にあっているのではないか、ご飯はどうしているのかなど飼い主側は非常に心配ですし、何かあった時に悲しい思いをしてしまいます。
そうならないためにも対策をしておく事は非常に重要なのです。

ペットが迷子になった時の対策

ペットが迷子になってしまった時のために、どのような対策をすると良いのでしょうか。
迷子になる可能性があるペットは犬だけに限らず、室内外をしている猫や鳥なども、ふとした拍子に家を出てしまって迷子になる可能性があります。
ですからペットを飼う時には、迷子になってしまった時の対策をきちんと考えておく必要があるでしょう。

犬や猫が迷子になってしまった時の対策としては、首輪をつけて首輪に自宅の住所を書いた紙を付けておくといった方法がもっとも簡単です。
その程度では心配だと思う人もいますが、これは簡単で誰でもできる対策でありながら、非常に高い効果を期待する事ができます。
ただ、紙を付けるだけでは剥がれてしまう可能性もありますし、知らない人に自宅の住所を知られるのが怖いという場合は、GPSを首輪に埋め込むという方法を考えてみると良いでしょう。

GPSのメリットとしては、首輪に埋め込むため首輪そのものを無くさない限りは紛失の心配が無いという点がまず挙げられます。
犬や猫などは自分で首輪を外す事は難しいですから、GPSを埋め込んでいる首輪をつけておく事で迷子になった時の対策として非常に安心する事ができます。
一方でデメリットとしてはやや費用が高いので余裕がある時でないと負担になってしまうという点です。

迷子にさせないために

ペットが迷子になってしまう事の恐ろしさは、自分の知らないところで事故にあってしまったりして死んでしまうという点です。
そのため迷子にさせないために、例えば犬の散歩をする時はリードが外れてしまわないように工夫する、犬をつないでおく鎖が外れないようにするといった工夫が必要になってきます。

室内飼いをしていたとしても、帰宅時に玄関を開けた瞬間に出て行ってしまう事もありますから、玄関付近に近づけないように考えておくといった必要があるでしょう。
大切なペットが迷子になってしまわないためには、飼い主側がきちんと配慮して対策をしてあげる事が重要となってきます。
簡単な対策をするだけでも、いざという時の安心感は大きく違ってきますし、なにより迷子になってしまったペットを見つけやすくなるでしょう。