1. >>
  2. >>
  3. ペット撮影のコツ

ペット撮影のコツ

ペット写真の面白さ

ペットの写真はペットの可愛らしい表情を記録することができるので、非常に魅力的なものです。
しかしながら、そのような素敵な写真を撮るためには一定のテクニックが必要になってきます。
更には写真を撮る場合には心の余裕も必要です。

ペットと楽しみながら写真を撮るという心持の方が綺麗な写真となるはずです。
カメラの設定も非常に重要です撮影モードは絞り優先モードにするといいでしょう。

絞り優先モードにしておけば、背景の感じを自分のイメージ通りに撮影することが出来るはずです。
ISOの感度設定は高めにしておくようにするといいでしょう。

速いシャッタースピードに対応することが出来ますので躍動感にあふれる写真となることでしょう。
多くのシャッターチャンスをものにできるように高速連続撮影モードにしておくと良いでしょう。
撮影された写真の中からお気に入りの写真を選ぶようにすると良いでしょう。

写真を撮る時の注意

ペットの写真をアップで撮影する場合にが、2つの目のふちの上部にピントが合うようにして撮影するといいでしょう。
他の部分にピントを合わせてしまうとぼけた写真になってしまうことも多いはずです。
人間の場合にはそれほど大きな意味は持たないのですが、動物は耳が大きいので、耳の表情はとても重要です。

ペットが生き生きとしているイメージを与えてくれる耳の様子をしっかりと考えて写真を撮ることがお勧めです。
耳が正しい位置になくて、後ろに引いた感じになっているときには、ペットがナーバスになっている可能性がかんがえられますので、ペットをリラックスさせてあげるようにすると良いでしょう。

いい感じのシャッターチャンスに恵まれるはずです。
カメラ目線を誘うようにしてもいい写真を撮ることができるはずです。
おもちゃなどを活用していい感じのカメラ目線を演出してみるといいでしょう。

中々良い構図にならない時にはのんびりと時間をかけて待ってみてもいいでしょう。
太公望のような感じでペットは自分の方に素敵な笑顔を見せてくれるように気長に構えてみることもおすすめです。
人間の目線ではなくペットの目線で写真を問うように工夫すると素敵な写真を撮ることができるはずです。

ローアングルで撮ることを常に考えてみるといいでしょう。
写真を撮る場合には十分な光も必要です、十分な光環境の中でペットの写真を撮るようにすることがお勧めです。
順光と逆光を上手く使い分けてみてもいいでしょう。

一方で撮影時のフラッシュはペットを驚かせてしまうことになりますので使わないようにすることが肝要です。
ペットの笑顔は日常生活の中に多くあります。
できる限り普段から多くのペットの写真を撮るようにすることが肝要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です