1. >>
  2. >>
  3. 猫が爪をとぐ行動の理由とは?

猫が爪をとぐ行動の理由とは?

猫の爪とぎについて知る

猫を飼っている、これから飼おうとしている人にとって、猫の爪とぎは対策を考えておきたい行動のひとつです。
爪とぎの対策をしておかないと、柱やふすまなど家の中のさまざまな場所がボロボロになってしまいますから、室内飼いをするならば対策を考えておかなくてはいけません。

そして対策を考える時には、なぜ猫が爪とぎをするのかという理由も知っておきましょう。
爪とぎをする理由を知らないと、無理な躾をして爪とぎをやめさせようとして、躾がうまくいかずに余計なストレスを猫と自分の両者が抱えてしまうという事もあります。
猫は理由なく爪とぎをしている訳ではありませんから、なぜ爪とぎをするのかをきちんと知り、その上で対策をしておくようにしましょう。

なぜ猫は爪をとぐのか

猫が爪をとぐ理由はいくつかあります。
家じゅうの柱で爪を研ぐことがあるのはマーキングするためで、爪を研ぐだけではなく臭いを付けて自分の縄張りだと主張するために行います。
もちろん研いだ爪痕もマーキングの意味合いを持つため、柱などの高い位置に爪痕を残してマーキングをしています。

また、ストレスを感じた時などの気分転換でも爪とぎを行うようです。
来客で知らない人が来た時に猫はストレスを感じやすく、この時に爪を研いで気分を落ち着かせます。
そして飼い主の近くで爪を研ぎ始めた時は、自分と遊んで欲しい、かまってほしいというアピールをしていると言われています。
もし自分の近くで頻繁に爪を研いでいるという時には、おもちゃなどを使ってしっかりと遊んであげると良いでしょう。

爪とぎの躾をするならば

爪とぎは猫にとってストレス解消なども兼ねていますから、無理に止めさせる事はおすすめできません。
そのため躾をするなら止めさせるのではなく、研いでもいい場所を教えてその場所で爪とぎをするように躾をすると良いでしょう。
猫はだいたい生後2ヵ月くらいから爪とぎを始めるので、そのくらいの時期になったら猫用の爪とぎを用意してあげて、まずは飼い主が前足を持って爪とぎの動作をしてあげる、という事を繰り返すとその場所が爪とぎ用の場所だと覚えてくれます。

大きくなってしまってからでは効果が期待できないので、なるべく早い時期から爪とぎの躾をしてあげる事がおすすめです。
この時に注意したいのは、もし違う場所で爪とぎをしていても大声て叱ったり、叩いたりしないようにするという事で、あまり叩いたりしすぎると猫が飼い主を怖がってしまい懐いてくれなくなってしまいます。
猫と一緒に暮らしていくためにはこういった躾についての知識も重要となってきます。

爪とぎ対策をする

爪とぎの躾をしたとしても、やはり時には教えた場所以外でも爪とぎをしてしまいがちです。
そういった時に壁や柱などがボロボロになる事を防ぐためには、猫の爪とぎ対策グッズを用意しておくと良いでしょう。
どうしても爪とぎをして欲しくない場所があるという場合は、その場所を保護する保護シートや猫が苦手な匂いの忌避スプレーを振りかけておくなど、その場所で爪とぎをしたいと思わせないタイプの対策グッズを用意しておくと便利です。

また、どうしてもやめてくれない場合はネイルキャップを購入して爪に被せておくという方法もあります。
ただこの方法は猫が非常に嫌がってしまうので、最初から対策として行うのではなくどうしてもやめてくれない時用の対策と考えておきましょう。