1. >>
  2. >>
  3. 言葉が通じる?話しかけてコミュニケーションしよう

言葉が通じる?話しかけてコミュニケーションしよう

ご飯のサインは覚えさせよう

ペットは会話ができないため、言葉を投げかけても意味がないと思っている方もいるかもしれません。
しかしペットは長く飼い主と一緒にいると言葉を徐々に覚えていくようになります。
そのため、ペットとの関係を築くためにコミュニケーションを積極的に取ることが大切です。
特にペットにとって最もうれしい時間であるご飯のサインは覚えさせることが大切です。

食事の時間になったらペットに「ご飯」というフレーズを同時に伝えてみるといいでしょう。
ペットは次第にご飯という言葉を覚えるようになります。
またペットにとって間食も楽しみの1つとなるため、間食を与える時には「おやつ」という言葉を伝えてみましょう。
このような言葉でペットとコミュニケーションを積極的に取ることでお互いの距離感もずっと短くなっていくことでしょう。

散歩の時にかけたい言葉

ペットによっては健康維持やストレス回避のために、散歩を毎日行う必要があります。
散歩に連れていく際にもペットに対して話しかけたい言葉があります。
「散歩」という言葉をペットに対して声掛けしてみてください。

散歩はペットにとってうれしい活動のため、すぐに散歩という言葉を覚えてくれることでしょう。
最初は散歩という言葉が理解できないかもしれません。
しかし毎日散歩という言葉を投げかけてから散歩に連れていくようにすると、きっとペットもこの言葉を覚えてうれしい表情を見せてくれるはずです。

ありがとうの言葉を伝える

ペットとのコミュニケーションの中で飼い主の気持ちを言葉にして伝えることも大切です。
言葉が理解できないペットも、飼い主が頻繁に使う言葉になると覚えやすいものです。
中でもありがとうという言葉はペットに対して積極的にかけてあげたいものの1つです。

ありがとうの気持ちを伝えることによって、飼い主の気持ちが分かりますし、またペットとの信頼関係ももっと強いものになっていくことでしょう。
ありがとうを伝える時には笑顔を一緒に見せ、ペットを撫でながら声掛けをするとよりペットがスムーズにこの言葉を覚えてくれるようになります。
飼い主の気持ちを伝える言葉の中でも、最も最初に覚えてもらいたいのがありがとうという言葉です。