1. >>
  2. >>
  3. トリミングサロンのサービス内容

トリミングサロンのサービス内容

トリミングサロンのサービスは?

トリミングサロンはペット専用の美容室で、トリマーと呼ばれる専門スタッフが、犬や猫などの毛をカットしてくれる施設です。
足など難しい部位だけのカットを依頼することもできますし、犬種の理想系と言われる形に全体をカットすることも可能となっています。

また単にカットだけでなくて、爪切りや耳掃除・シャンプー・ブラッシング・肛門線絞り・デンタルケアなどといった、オプションサービスも実施しているのです。
このようにトリミングサロンと言っても、トリミング以外の様々なオプションサービスを整えていて、多種多様なニーズに沿ったサービス内容を利用できます。

それからサロンによっては送迎サービスを実施していたり、マッサージや毛穴を洗浄するマイクロバブルなどの美容サービスを提供していたりと、特色あるサービスを実施しているサロンもあるのです。

トリミングの目的

トリミングは先に紹介したようなおしゃれな美容目的だけでなく、ペットが健康・安全に生活するためにも必要なものなのです。
毛で全身を覆われているために、排泄物が肛門周囲や尿道周辺の毛に付着して、その状態が継続すると雑菌が増える原因となって不衛生になります。
トリミングして適切にカットすると、衛生的にできる、肛門腺絞りやすくなる、下痢をしても毛につかないなどいろいろなメリットがあるのです。

足裏の肉球には足の負担を軽減するクッションや滑り止めといった役割がありますし、発汗するなどの働きも果たしています。
ただ肉球の間からも毛が生えるので、伸びると滑り止めの役割が半減して、転んでケガをしてしまう危険も考えられます。

ペットの毛の中はノミ・ダニといった害虫が隠れる絶好の場所になってしまうので、トリミングにより毛を定期的に減らすことは害虫を防ぐ一助となるのです。
毛が伸びていると暑い空気がこもって熱中症を引き起こしてしまうこともあって、短くするカットすることは熱中症の予防にもつながります。

トリミングを必要と考えられる犬種

犬種によってシングルコート・ダブルコートといった2種類の毛の生え方があって、この生え方によってトリミングが必要なのかも変化します。
シングルコートの犬種については、伸びた毛が絡まることで動きにくくなったり転んでケガをしたりするので、定期的なトリミングは必要と言えます。
代表的な犬種としては、プードル全般・ヨークシャーテリア・マルチーズ・パピヨンなどです。

一方のダブルコートは下毛が換毛期に生え換るので、ブラッシングをきちんと実施していればトリミングは必ずしも必要にはなりません。
代表的な犬種としては、チワワ・ミニチュアダックス・柴犬・ポメラニアン・シベリアンハスキーなどです。