1. >>
  2. >>
  3. 動物病院の役割

動物病院の役割

ペットの診察を行う

一般に人間が病気になった時には病院に行きますが、診療科によって分かれており、その診療科を選択してから病院に行くことになります。
それに対してペットの場合には動物病院に行くことになります。
動物病院は様々な部位に関する診察を行っており、ペットは通常どんな症状を持っていても動物病院に行ってまず診察を受けます。

動物病院によっては扱っている動物が限定されている場合もありますが、通常はどの病院もどんなペットも診察を行っています。
ペットがけがや病気をした場合、検査を受けたり、また治療が行われますが、獣医師が対応します。
検査を行ったり、場合によっては手術を行うこともあります。
またこの他に、注射や薬の塗布なども行う場合があります。

ペットの健康診断を行う

最近では人間と同じく、ペットによっても肥満になっていることがあります。
こういった場合には健康診断を行い、健康状態をチェックしなければなりません。
健康状態を確認し、場合によっては治療を行うことがあります。
病気の早期発見は人間にとっても同じですが、ペットについても早期発見は重要で、それによって危険な状況を回避することができます。

ペットの健康診断では歯についても動物病院で行うことがあります。ペットの中にも虫歯や歯周病になっていることがあり、それらの治療を行っています。
ペットの健康診断の際には、獣医師から日々ペットに対して与える食事に関する指導なども行われることがあります。

ペットホテルやトリミング

動物病院の中には、ペットの診察や治療だけではなく、ペットホテルやトリミングのサービスを提供してるところもあります。
ペットホテルはペットを一時的に預かってほしい飼い主の要望によって、ペットを預かったり、食事の提供や散歩といったサービスを提供しています。
またペットのトリミングを行い、ペットの見た目を良くしたり、ペットが清潔で快適に暮らせるようにするサービスも提供されていることがあります。